1. トップ
  2. 各種報告
  3. イベント
各種報告

投稿日時: 2013年11月11日 (618 ヒット)
 平成25年11月11日(月)、時折風が吹く肌寒いコンディションの中ではありましたが、早朝から県内各地より5施設35人の御参加をいただき、宇部市常盤公園グラウンド・ゴルフ芝生専用コースにて開催いたしました。当初は、10月25日(金)に8施設63人で開催予定でしたが、大会史上初めて雨天延期、11月開催となりました。当初、参加予定で延期により参加できなかった皆様、誠に残念でございましたが、来年度以降の参加をお待ちいたしております。

 開会式終了後、競技に先立ち、始球式が96歳の最年長選手、本会の麻生孝行会長により行われ、ラウンドがスタートしました。今回は、常盤公園にある4コース(各9ホール)のうち、午前は1番コース、午後は4番コースを使用し、18ホールの合計スコアにより順位を競い合い、白熱したプレーが展開されました。
 参加者には、80歳以上が6人(うち90歳以上2人)おられ、ハッスルプレーの連続に、その都度、歓声が沸き上がり、多いに盛り上がりました。


 競技の結果、優勝者は、合計46打(午前20打、午後26打/ホールインワン1回、2打でポストイン2回)の好スコアでした。表彰式では、優勝、準優勝、第3位には、賞状、トロフィー、賞品が麻生会長より授与されました。以下、第4位、第5位、当日賞(第11位)、大会賞(第12位)、飛賞(第10位、第20位)、敢闘賞(ブービー賞)、猛打賞(一番打数の多かった方)、ホールインワン賞の各受賞者に麻生会長より賞品が授与されました。
 なお、ホールインワン賞は、今回は2人で、肌寒いコンディションだったためか、昨年度の8人より減っていました。


 今回もたくさんの好プレー、珍プレーがあり、真剣な中にも笑い声、笑顔のあふれる楽しい一日となりました。
 最後に、大会運営に御協力いただきました宇部市グラウンド・ゴルフ協会の山田理事長をはじめ11人の皆様、どうもありがとうございました。
 来年度も本大会を開催する予定ですので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時: 2013年04月24日 (1075 ヒット)
 介護のふれあいを通じて共有された喜びや感動の数々を多くの人に伝え、介護現場のイメージアップを図るため、今年も「フォトコンテスト」を実施しました。

 テーマは「笑顔と元気」

 本会会長及び副会長、広報委員、県内でご活躍のプロカメラマン・栗林和彦氏により審査が行われました。

 審査方法は、次のとおりです。
 今回、御応募いただいた全109作品は、A4サイズで現像され、エントリーナンバーと作品名のみが表示されている状態(施設名、応募者名は伏せた状態)で審査が行われました。


審査会の様子

 まず、プロカメラマンの栗林和彦氏に、栗林和彦賞の1作品を決定していただきました。
 この栗林和彦賞を受賞した1作品を除く、残り108作品を本会会長及び副会長、広報委員の9名が審査員となり、審査を行いました。
 第一次審査では、審査員が一人5作品ずつ投票し、得票を得た作品が第1次審査通過となりました。
 第二次審査では、審査員が一人3作品ずつ投票し、得票の多いものから順に、会長賞(1作品)、優秀賞(3作品)、入選(5作品)とし、得票が同数の作品については、決戦投票を行い、受賞作品を決定いたしました。

 以上のような厳正な審査を経て、決定された受賞作品は、次のとおりです。

 《フォトコンテスト2013受賞作品(PDF形式)》

 なお、受賞者の表彰式は、例年、相互研修会で行っておりましたが、今年度は、第45回中国地区老人福祉施設研修大会(8/29(木)、30(金))を引受け開催するため、相互研修会を開催しない年となります。
 これに伴い、表彰式は開催いたしましません。応募全作品の展示は、第45回中国地区老人福祉施設研修大会の第1日目(8/29日(木))に山口市民会館ロビーにて行います。

投稿日時: 2012年10月10日 (930 ヒット)
 平成24年10月2日(火)、快晴という絶好のゴルフ日和の中、早朝から県内各地より8施設52名の御参加をいただき、宇部市常盤公園グラウンド・ゴルフ芝生専用コースにて、第11回 山口県老人ホーム グラウンド・ゴルフ大会を開催しました。

 開会式終了後、95歳の選手最高年齢者(ちなみに、大会当日がお誕生日でした。おめでとうございました。)、山口県老施協 麻生会長のお二人により始球式が行われ、競技がスタートしました。


 今回は、優勝、準優勝、第3位、大会賞(11位)、飛賞(10位、20位、30位)、敢闘賞(ブービー賞)、猛打賞(打数の一番多かった方)、ホールインワン賞の各賞を設け、競技は、午前、午後に1ラウンド(8ホール)ずつ行い、2ラウンドの合計スコアにより順位を競い合い、白熱したラウンドが展開されました。
 参加者には、始球式を務めていただいた方をはじめ、90歳以上の選手が4名おられ、ハッスルプレーの連発に参加者一同で多いに盛り上がりました。


 競技の結果、優勝者は、2ラウンド合計41打(1ラウンド22打、2ラウンド19打/ホールインワン1回、2打でポストイン6回)の好スコアでした。以下、各賞が表彰され、ホールインワン賞達成者は、89歳の女性をはじめ8名でした。 

 今回も好プレーあり、珍プレーあり、真剣な中にも笑い声、笑顔いっぱいの楽しい一日となりました。
 最後に、大会運営に御協力いただいきました宇部市グラウンド・ゴルフ協会の山田理事長さんをはじめ17名の皆様、どうもありがとうございました。
 来年度も引き続き、本大会を開催する予定ですので、皆様、ぜひ御参加いただきますようお願いいたします。

投稿日時: 2012年04月18日 (1062 ヒット)
 介護のふれあいを通じて共有された喜びや感動の数々を多くの人に伝え、介護現場のイメージアップを図るために今年も「フォトコンテスト」を開催しました。テーマは「笑顔と元気」。
 県老施協会長、副会長、広報委員、プロカメラマンの栗林和彦氏に審査を行っていただきました。

 審査の方法は、次のとおりです。
 御応募いただいた全94作品は、A4サイズで現像され、エントリーナンバーと作品名のみが表示されている状態で審査が行われました。(施設名や応募者名は伏せた状態で審査が行われました。)

審査会の様子

 まず、プロカメラマンの栗林和彦氏に、栗林和彦賞の1作品を決定していただきました。
 この栗林和彦賞を受賞した1作品を除く、。残り93作品を県老施協会長、副会長、広報委員の9名で審査が行われました。
 第1次選考として、審査員が一人5作品ずつ投票し、2票以上の得票を得た作品が第1次選考通過となりました。
 第2次選考では、審査員が一人3作品ずつ投票し、得票の多いものから会長賞(1作品)、優秀賞(3作品)、入選(5作品)が決定いたしました。
 以上のように、厳正な審査を経て、決定された受賞作品は、次のとおりです。

《フォトコンテスト2012受賞作品(PDF形式)》

 なお、受賞者の皆様は、6月5日(火)、6日(水)に開催され本会主催の山口県老人福祉施設相互研修会の表彰式典にて、表彰が行われます。(表彰式典は、5日(火)です。)また、御応募いただいた全作品は、同研修会において展示されます。

 今年度もたくさんの御応募をいただき、どうもありがとうございました。次回、フォトコンテスト2013でも、たくさんの御応募をお待ちしております。

投稿日時: 2011年10月27日 (959 ヒット)
 平成23年10月25日(火)、宇部市常盤公園グラウンド・ゴルフ芝生専用コースにて、第10回記念 山口県老人ホームグラウンド・ゴルフ大会を開催しました。
 天気予報では、未明から明け方にかけて雨が降る予報が出ており、大会への影響が心配されましたが、午前は曇り、午後からは秋晴れとなり、少し風は強かったものの、予定どおり開催することができました。
 当日は、早朝より県内各地より8施設60名の参加をいただき、午前、午後に、それぞれ1ラウンドずつ行い、2ラウンドの合計スコアにより順位を競い合いました。
 今回は、第10回記念ということで、第10回記念賞、飛賞(10位、20位、30位)、ブービー賞を追加しました。
 また、ホールインワン賞を10本用意しており、当日は6人の方が達成されましたので、残りの4人分を急遽、当日賞(25位)、最高齢賞(95歳)1名、準最高齢賞(94歳)2名として表彰いたしました。
 表彰のチャンスが拡大されたこともあってか!?、白熱したラウンドが展開されました。その結果、優勝者は、2ラウンド合計で44打(1ラウンド22打、2ラウンド22打/ホールインワン1回、2打でポストイン6回)という好スコアでした。また、93歳の方がホールインワン達成され、参加者一同で多いに盛り上がりました。
 真剣な中にも笑い声、笑顔いっぱいの大変楽しい一日となりました。
 来年度も引き続き、本大会を開催する予定ですので、みなさま是非、御参加くださるようお願いいたします。

« 1 (2) 3 4 »