1. トップ
  2. 各種報告
各種報告

投稿日時: 2017年08月04日 (59 ヒット)

平成29年7月28日(金)午前10時30分より、養護老人ホーム職種別勉強会(看護師)を開催しました。

本勉強会は養護部会の取組の一環として、職種別に持ち回りで担当施設を決めて定期的に開催しております。

この度は、松風荘とゆもと苑の担当者を中心に企画されました。

当日は、17施設より御参加いただき、事前にまとめられた質問に対して各施設から回答を行うとともに、その他多岐に渡った情報交換、意見交換が行われました。

情報交換いただいたことを施設へ持ち帰り、今後の業務の参考にしていただければと思います。

次回の職種別勉強会は、主任支援員を対象に9月に開催予定としております。


投稿日時: 2017年07月10日 (80 ヒット)

平成29年7月5日(水)午後3時より、21世紀委員会(第1回)を開催しました。

今年度より委員長として山本太郎氏(小郡・山手一番館)が就任され、新たに3名の委員を迎え新体制としてスタートをしました。

1回目の委員会では、「平成29年度中国カントリーミーティングin山口の開催について」と「平成29年度の調査活動について」に関して活発な意見が交わされました。

カントリーミーティングは、今年度山口県での開催となります。11月30日~12月1日に山口市にて開催しますので、積極的に御参加くださいますようよろしくお願いいたします。

 調査活動につきましては、今年度も継続して実施していく予定としております。詳細につきまして決定いたしましたら、御報告させていただきますので御協力の程どうぞよろしくお願いいたします。


投稿日時: 2017年07月10日 (111 ヒット)

6月21日(水)に、山口県社会福祉会館 大ホールにおいて、老人福祉施設に入職して3年未満の職員65名参加のもと老人福祉施設新任職員研修会を開催いたしました。

 午前は、まず、本会の内田芳明会長から「老施協組織及び老人福祉施設の歴史」と題し、社会福祉法人とは何か、また老人福祉施設の歴史及び今後社会福祉法人が果たすべき使命と状況等について講演が行われました。

社会福祉法人の理事長として、内田会長が実際に地域社会のために活動されていることや、御自身が社会福祉法人を立ち上げた時のこと等、実際の体験をもとに1つ1つのことを分りやすく、丁寧にお話してくださいました。     
              内田芳明会長

 

その後「養護・特養・軽費それぞれの施設について」と題し、老施協の役員の3名より御説明がありました。

 養護老人ホームからは、ゆもと苑施設長 岡田政男氏、特別養護老人ホームアイユウの苑事務長 辻中浩司氏、軽費老人ホームからは、好生園施設長 内田雅士氏より各施設の現状及び課題について、分りやすく丁寧に説明をいただきました。

各施設の入居条件や役割の違い等を学ぶことで、あらためて自分の働いている施設や入居者の方について考えることが出来ました。

 参加者からは、「それぞれの施設の違いを分かりやすく説明して下さったので、分かりやすかった。」等の感想をいただきました。

 

             岡田政男理事             


 
            
辻中浩司理事

 
             
内田雅士副会長

 

午後からは、本会研修委員会委員長であります社会福祉法人博愛会の企画運営本部長の辻野高廣氏より「介護職員としてのあり方」と題し、老人福祉施設の職員としてのあり方や心構え、介護の基本から専門職として職責等について、実践を交え分りやすく御講義いただきました。

この講義を通して、介護職員としてだけでなく社会人としてのあり方や、利用者視点の大切さなどとても多くの事を学ぶことが出来ました。また、グループワークを通して、視点を変えることの大切さ、難しさや日常生活について考えました。

アンケートでは、「とても参考になった」、「参考になった」と回答された方が92%もあり、「ただ講義というだけでなく参加型だったため、講義に吸い込まれていくようで、とても良かった。」、「介護現場で役立つことをたくさん学べました。」等の感想が寄せられ大変好評でした。


                     辻野高廣理事

 


投稿日時: 2017年07月10日 (107 ヒット)

平成29年6月6日(水)~7日(水)の2日間にわたり、山口市湯田温泉の「ホテルかめ福」において、平成29年度山口県老人福祉施設相互研修会を開催し、398名の御参加をいただきました。

山口県老人福祉施設協議会会長 内田芳明氏

第1日目の開会式典では、山口県老人福祉施設協議会会長表彰及びフォトコンテスト2017の表彰式典が行われました。

山口県老人福祉施設協議会会長表彰では、今年度178名の方が受賞され、内田芳明会長より、養護、特養、軽費の各代表者へ表彰状及び記念品が授与されました。

 フォトコンテスト2017の表彰では、応募総数103作品の中から10作品が入賞し、最優秀賞受賞者が代表して、内田芳明会長より表彰状及び賞金が授与されました。

山口県老施協会長表彰受賞者代表による謝辞

フォトコンテスト2017の最優秀賞受賞者代理へ表彰状と記念品の授与

なお、フォトコンテスト2017の全ての応募作品は、開場前に会場のスクリーンにスライドショーにて上映されました。

フォトコンテスト2017入賞作品

 

分科会では、25施設が6つの分科会に分かれ、施設での取組の課題、活動の成果と評価、今後の課題等を発表いただきました。また、質疑応答では活発な意見交換も行われていました。

分科会風景

 

1日目の最後は、交流会が行われました。県からは、山口県健康福祉部 長寿社会課  課長 山﨑晶子様、施設班 松村 隆一様に御参加いただきました。また助言者の皆様にも御出席いただき、総勢186名の参加のもと会員の皆様も施設種別を越え、大いに交流が深まり大変盛り上がりました。

 

第2日目は、まず、分科会報告が行われました。分科会の座長より、各発表内容、概要、助言についての報告があり、参加者の皆様も熱心に聞いておられました。

 最後に講演が行われ、講師に山口県光市の御出身で、株式会社Join for Kaigo 代表取締役 秋本可愛氏をお迎えし、「若者がおもしろくする介護の未来」と題して御講演をいただきました。

株式会社Join for Kaigo 代表取締役 秋本可愛氏

 

御参加いただきました皆様をはじめ、運営にご協力いただきましたスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

 


投稿日時: 2017年06月01日 (141 ヒット)

 平成29年5月11日(木)~12日(金)の2日間にわたり、山口市湯田温泉の「ホテルかめ福」において、平成29年度山口県老人福祉施設協議会運営研修会を開催し、136名の御参加をいただきました。

 

第1日目は、午前に平成29年度第1回総会を行いました。

まず、来賓として御出席いただきました山口県健康福祉部 部次長 小野嘉孝様、山口県社会福祉協議会会長  昌克様に御挨拶いただきました。

 続いて審議事項に入り、平成28年度事業報告及び決算報告について事務局からの説明に続き総務委員会、研修委員会、施設運営研究委員会、広報委員会の委員長から活動報告が行われ、原案通り承認されました。

 

 
 午後からは、養護、特養、軽費の各部会に分かれ、各種要望事項及び老施協に期待すること等、老人福祉施設の経営の充実と機能強化の推進等に向けて活発な協議が行われました。

 

 引き続き、市町要望協議を行いました。この要望は市町で実施される老人福祉施設の施策・事業は各市町で異なることから、各市町の状況を踏まえ要望を行うことが重要であり、必要であるとの認識から、昨年度から実施しているものです。

 

 次に、山口県健康福祉部が主催する山口県老人福祉施設長会議が行われました。国の制度改正に伴う対応や県の施策、危機管理や指導監査について、行政説明が行われました。

 

 第2日目は記念講演として、「福祉施設管理者のためのストレスマネジメント~職員が活き活きと働くために~」と題し、鹿児島大学 法文教育学域臨床心理学系 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻 教授 稲谷 ふみ枝氏より御講演をいただきました。講演では、ストレスへの対応の仕方や職場復帰の支援の仕方等をお話ししていただきました。アンケートでは、「職員への声掛けに役立てたい」や「施設に戻って職員にも話そうと思う」などの意見がありました。

 

 次に、前日に行われた部会協議の概要について養護、特養、軽費の各部会長より報告が行われました。

 続いて調査報告では、平成28年度に実施した2つの調査について報告がありました。

 まず、施設運営研究委員会の作業部会である職員給与待遇等調査ワーキンググループ会議からは、山口県学芸大学 准教授 佐藤 真澄先生より「山口県老人福祉施設介護職員給与等実態調査」について報告をいただき、次に21世紀委員会の藤本 敏恵副委員長より「山口県老人福祉施設介護職員実態調査」について報告をいただきました。

 

 御参加いただきました皆様、ありがとうございました。


« 1 (2) 3 4 5 ... 22 »