1. トップ
  2. 各種報告
  3. 研修
  4. 平成30年度山口県老人福祉施設運営研修会を開催いたしました
各種報告

研修 : 平成30年度山口県老人福祉施設運営研修会を開催いたしました
投稿日時: 2018年05月24日 (530 ヒット)

平成30年5月10日(木)~11日(金)に、山口市湯田温泉の「ホテルかめ福」において、平成30年度山口県老人福祉施設運営研修会を開催し、126名の御参加をいただきました。



第1日目は、午前に平成30年度第1回総会を行いました。

まず、来賓として御出席いただきました山口県健康福祉部 部次長 弘田隆彦様及び山口県社会福祉協議会 専務理事 藤田潔様に御挨拶いただきました。

 続いて審議事項に入り、平成29年度事業報告及び決算報告について事務局からの説明に続き、総務委員会、研修委員会、施設運営研究委員会、広報委員会の委員長から活動報告が行われ、原案通り承認されました。

 その後、長年老施協の役員をお務めいただき、昨年度末で退任された大枝副会長に感謝状の贈呈を行いました。





午後からは、養護、特養、軽費の各部会に分かれ各種要望事項及び老施協に期待すること等老人福祉施設の経営の充実と機能強化の推進等について活発な協議が行われました






 

引き続き、市町要望協議を行いました。この要望は市町で実施される老人福祉施設の施策・事業は各市町で異なることから、各市町の状況を踏まえ要望を行うことが重要であり、必要であるとの認識から昨年度に引き続き、今年度も実施しました。




 


次に、山口県健康福祉部が主催する山口県老人福祉施設長会議が行われました。介護報酬改定や県の施策、危機管理、指導監査について、行政説明が行われました。

 

第2日目は、前日に行われた部会協議の概要について養護、特養、軽費の各部会長より報告が行われました。

 続いて調査報告では、平成29年度21世紀委員会が実施した「施設長実態調査」について山本太郎委員長より報告をいただきました。





 その後、記念講演として、「介護職員の人材確保(採用・定着)について」と題し、()リクルートキャリア HELPMAN JAPAN 事業責任者 坂田祐一氏より御講演をいただきました。講演では、介護人材確保で重要なことや、介護人材を定着させるためのポイント等をお話ししていただきました。アンケートでは、「採用・定着についての方向性のヒントを得た。」や「新人、中堅、管理職ごとのポイントを話されて、分かりやすかった。」などの意見がありました。



 御参加いただきました皆様、ありがとうございました。

印刷用ページ